あるお客様のお話

リゾートホテル内のリフレクソロジーサロンで
責任者をしていた時のお話です。

 30代ぐらいのお嬢様と、60代ぐらいのお母様が
お二人並んでリフレクソロジーをお受けくださいました。

確か、東京のお客様だったと思います。

「私は、職場の近くにあるサロンで、よくリフレクソロジーを

受けるんですよ。
母はこういうことにお金をかけるのはもったいない!って

言うんですけどね。
今回の旅行は、母に体験してもらえるいい機会だと思って

誘ったんです。」
と、お嬢様。

 

お母様と同世代ぐらいの女性は、
「自分のことにお金をかけるのは、もったいない」
と、おっしゃる方がとても多いと私も感じていました。

 

もう一つ、よくあるお声としては
「自分のようなオバサンの汚い足を人前にさらすのは

恥ずかしいし、申し訳ない。」
セラピスト側は足裏の状態を見せていただきますけれど

汚いだなんて、思うことはないんですけどね。

 

さて、施術が終わってお母様に感想をお伺いすると、
「最初、どうしても汚い足を見せるのが恥ずかしくて、

緊張していたんです。
でも、途中から気持ちがよくてウトウトしました。
今は、とてもスッキリしています。」
最後に、
「とにかく、こんなに自分の体を大切に扱ってもらったのは

初めてです。

すごく嬉しかった。

ありがとう。」
と、おっしゃっていただきました。

 

ご満足いただけて、私も本当に嬉しかったです。

メルマガ【ご自愛のヒント~カードからのメッセージ】
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
あやめいろの Facebookページは
こちらをクリック!
WEBマガジンに
掲載して
いただきました。
掲載ページは
こちらをクリック!